iStock-898318106_edited_edited_edited.jpg

Home > Why needed > 膣ケア

膣ケア

膣ケアが必要となるには、膣やそれに伴った身体のお悩みの改善、または予防のためです。

膣ケアとはなにか?ついてはWhat's Feminine Careのページも合わせてご覧ください。

膣に関するお悩みには以下のようなものがあげられます。
・尿漏れ
・膣のゆるみ
・臓器脱(子宮脱など)
・加齢による粘液の減少
・性行為の際の痛み
・乾燥による膣内の健康バランスの乱れ

これらのお悩みの多くは
✓ホルモンバランスの乱れや低下
✓骨盤底筋の衰え
✓粘液量の減少
✓膣内の血行不良
✓体重増加


が原因となっています。

膣ケア、膣 乾燥
pexels-flora-westbrook-1924867_edited_ed

女性ホルモンは、妊娠出産、体重の増加、過度な疲れやストレス、そして加齢によって乱れやすく、低下しやすいもの。

膣内の粘膜はホルモンに左右されやすく、粘液量が低下することで膣内は乾燥・硬くなってきます。これは性交時の痛みにもつながります。

すると、もともとはデーデル桿菌により酸性が保たれていた膣内の健康バランスが崩れ、ウイルスや外敵が侵入しやすく、また炎症が起きやすくなります。

さらに膣周辺にある骨盤底筋は、骨盤の下にハンモック状に広がる筋肉で、膀胱・子宮・直腸などを支えており、ここが衰えると膣のゆるみや尿漏れ、子宮脱などがおこりやすくなります。

また、骨盤底筋は内臓を支える最下部に近い筋肉であり、ひどい場合は内臓全体が下垂して、ポッコリお腹の原因に。 

 

つまり、膣ケアは部分的なお悩みの解消ではなく、ホルモンバランスや身体全体の健康にもつながる大切なケアなのですね。

膣ケアはおもに、マッサージ、トレーニング、そして保湿の3つが基本となります。
詳しいケア方法については下記のページをご参照ください。

膣ケアの方法

膣ケア、尿漏れ