iStock-1327892573_edited.jpg

Home > How to Care > デリケートゾーンケア

デリケートゾーンケア

[洗浄


デリケートゾーンを洗浄する場合には、5つのポイントを抑えておきましょう。

ポイント① 入浴時に専用ソープを使用し、手で優しく洗浄する
デリケートゾーン専用のソープは低刺激で経皮吸収にも対応しているため安心です。強くこすらず、またボディスポンジなどは利用せずに手で優しく洗うことで、色素沈着の予防にもつながります。特にひだの間には恥垢というにおいやトラブルのもとになる汚れが溜まりやすいため、丁寧に洗浄してみましょう。

ポイント② 1日1回がベター
洗いすぎは乾燥の原因になるため、1日1回シャワーや入浴時におこなうのがおすすめです。多くても1日2回までとされています。

デリケートゾーンケア、デリケートゾーン 洗い方
pexels-cottonbro-6559484_edited_edited.jpg

ポイント③ おしり周りを忘れずに
肛門周りを忘れずに洗浄することで、余分な菌の繁殖を防ぐことができます。肛門周りも皮膚が薄く刺激に弱いため、デリケートゾーンケア専用の製品を使用しましょう。

ポイント④ 洗い残しがないようにフェイシャルケアでも洗い残しがないように念入りに洗い流すことが推奨されていますが、デリケートゾーンも同様。石鹸やソープが残っていると肌トラブルの原因となりかねないため、入念に洗い流すことが大切です。ただし、デリケートゾーンはとても敏感なためぬるま湯程度のお湯でやさしく洗い流しましょう。

 

ポイント⑤ オプショナルで専用アイテムを活用特に痒みやにおいが気になっている場合には、デリケートゾーン用のスプレーやワイプシートを取り入れて、外出先でもケアするのもおすすめです。
 

[保湿


フェイシャルよりも経皮吸収率の高いデリケートゾーンを保湿する場合は、専用の保湿剤を利用するのがおすすめです。通常のボディクリームなどでは刺激が強かったり、脂質が多すぎたり、または保湿が充分でない可能性もありますのでご注意ください。

特にVIO脱毛や除毛をしている方は、陰毛がないため下着や生理用品がダイレクトに触れて摩擦が生じやすく、色素沈着しやすくなります。

保湿をおこなうさいは、一緒に簡単なマッサージをおこなうのも効果的です。大陰唇と小陰唇に保湿成分をたっぷりつけ、指のはらでくるくるとやさしくマッサージしたり、小陰唇を軽くつまんだりすることで、血行促進が期待できます。 

かゆみやにおいが気になる場合には、外出先でもケアできるよう、デリケートゾーン用のスプレーやシートを取り入れてみましょう。

iStock-1254584962_edited.jpg